長野県のラジウム温泉一覧

信州長野県はズバリ「温泉王国」と呼ばれるほど、温泉の宝庫です。
200以上の温泉があり、温泉地数はなんと日本第2位を誇り、また、泉質も様々な種類があります。

<特徴>
長野県の温泉全体の大まかな特徴として、まず、塩分濃度が高い温泉が多いことが挙げられます。
塩分が肌に付くことにより、汗が蒸発して体が冷えることを防ぐため、いつまでもポカポカ暖かい泉質です。
次に、アルカリ度が高い温泉が多いことも挙げられます。
こちらは簡単にいうと、石けんに近い成分になりますので、お肌がスベスベになる効果があります。

これらの特徴に加えて、ラジウム温泉(ラドン温泉)の効能を味わえるのが、長野のラジウム温泉の特徴です。
ラジウム温泉自体は、温泉の全体数に比べて、やや希少ですが、それでもいくつかのラジウム温泉がありますのでご紹介します。

<自然も豊富で空気も水もキレイ>
自然環境としては、日本の屋根と呼ばれるほど高い山が多くあるため、空気も水もキレイな土地柄です。
お酒の生産量や農作物の生産量が非常に多いことにも納得です。
全国第3位の寿命の長さも、このキレイな水と、豊富な温泉地の賜物かもしれませんね。
まさに湯治にぴったりの温泉地です。

ページの先頭へ