有馬温泉 銀水荘 兆楽

有馬温泉 銀水荘 兆楽の温泉

兵庫県神戸市にある「有馬温泉 銀水荘 兆楽」では、金泉と銀泉の両方を楽しむことができます。

金泉・銀泉ではそれぞれ効果が異なり、リチウムイオンが多く含まれている金泉では、冷え性や腰痛、関節痛、外傷、リウマチ、やけど、アレルギー性皮膚疾患、自律神経系障害、月経障害などの効能が挙げられます。

そして、ラジウム温泉である銀泉では、自然治癒力を高める効果が期待できます。具体的な効能としては、気管支炎喘息、更年期障害、リウマチ、慢性痛風、慢性多発関節症などが挙げられます。

くぬぎ林に囲まれている、露天風呂くぬぎの湯ではジャグジーや立湯、銀泉の蒸し風呂などを楽しむことができます。

特にジャグジーや蒸し風呂はラジウム成分が浴室全体に広がるように工夫してあるため、呼吸によるラジウムの吸引がしやすくなっております。

他にも上品で清潔感のある大浴場、金泉と銀泉の両方を景色と共に楽しめる貸切露天風呂が用意されています。

ちなみに、ラジウム温泉である銀泉のほうは城山三郎作の小説「鼠」でも紹介されています。

有馬温泉 銀水荘 兆楽の食事

有馬温泉 銀水荘 兆楽では、吟味した地物の食材をおいしくいただくことができます。

明石海峡でとれた新鮮な魚介類をはじめ、特選黒毛和牛など贅沢な食材をふんだんに使った豪華な料理です。

特選黒毛和牛のローストビーフをはじめ、タタキや石焼、伊勢エビ造りに鯛姿造りと豪華なメニューが並びます。

時価となっている鯛赤飯はおすすめの一品となっていますので、是非この機会に味わっておきたいものです。

夕食だけではなく、朝食にもこだわっており、焼きたての干物をはじめとした優しい和食が朝の体にしみわたります。

有馬温泉 銀水荘 兆楽食事

周辺施設・周辺観光

有馬温泉 銀水荘 兆楽の周辺は、自然に囲まれた環境となっています。

有馬温泉一帯では、季節の行事が充実していますので、そちらを楽しみたいところです。

春には桜まつり・桜茶会、夏には有馬川のホタルが楽しめますし、秋には紅葉・有馬大茶会などがあります。

日本の昔ながらの魅力というものを恵まれた自然の中で改めて実感することができるのではないでしょうか。

また、電車を利用すれば、有馬温泉駅から30~40分程度で三宮駅に着くことが出来るので、神戸の街並みや中華街を見て回るのももちろんありです。

→じゃらんで詳しい温泉プランを見る

→楽天トラベルで詳しい温泉プランを見る

→るるぶで詳しい温泉プランを見る