ラジウム温泉に入ると被爆する?

ラジウム温泉は法律的には放射能泉というものに分類されおり、ラジウム温泉を提供しているところでは「放射能温泉」と表記されていることもあります。

そのため、中にはラジウム温泉に入ると放射能で被爆してしまうのではないかと不安になる方も多いようです。

結論から言うと、ラジウム温泉で被爆することはありません。というよりも、被爆するような放射線量ではないのです。

あまり詳しいことを書いてしまうとややこしくなってしまうのでざっくりと説明しますが、

一般の人ひとりが浴びる放射線量は、日本平均で年間約3.8ミリシーベルト(ラドン、大地、宇宙、体内、医療などから放射線を浴びます)と言われており、ラジウム含有量が日本トップクラスの三朝温泉がある三朝温泉地区でさえ、約4.5ミリシーベルト(ラドンからの放射線量が約3倍)と言われています。

それに対し、人間は200ミリシーベルトを超える放射線を浴びた場合、健康に障害を及ぼす可能性が生じてくると言われています。

そう考えるとラジウム温泉の放射線量が如何に微々たるものかわかるでしょう。

全国各地にラジウム温泉は存在しますし、それぞれの温泉によって放射線量は異なりますが、毎日入っても被爆しないどころか、返って体が元気になっていくだけですので安心してラジウム温泉に浸かりましょう。

広告

ラジウム温泉と原発の放射能との違い

ラジウム温泉と原発の放射能との違いについてですが、まず放射線の種類が異なります。

原発の際にはセシウムやストロンチウムといった放射線の名前がテレビでも度々登場していましたが、ラジウム温泉の出す放射線は透過力の小さなアルファ線が主体になります。

透過力が小さいため、衣類でも遮断できるほどの放射線なのです。また、量も異なります。

ラジウム温泉は微量の放射線ですが、原発は大量の放射線を放ちます。

放射線は微量であれば健康増進の効果が期待できますが、大量の放射線は体にとって毒にしかなりません。さらに、ラジウム温泉のラジウムは内部被曝を起こしにくく、原発のセシウムなどは内部被曝を起こしやすいという違いもあります。

ペースメーカー使用者・妊婦・授乳中の人はラジウム温泉に入っても大丈夫?

ペースメーカーを使っている方や妊婦さん、授乳中の方も温泉に入りたくなることがあるでしょう。

ただ、そのときに気になるのが「ラジウム温泉に入っても大丈夫なの?」というところではないでしょうか。

基本的に、熱めの温泉や水風呂、電気風呂など明らかな刺激になってしまうものを避けてさえいえば、ラジウム温泉に入ってもらって問題はありません。

ただ、主治医には「ラジウム温泉に入りたいのですが・・・」という形で相談をしておくようにしましょう。

あまりないとは思いますが、ラジウム温泉を提供している場所によってはお断りされることもあるかもしれませんので、事前に入浴が可能かどうかを確認しておくことも忘れないようにしておきたいものです。

広告